小学校受験と
幼児教育の
専門メディア

日付と曜日
公開日:

曜日と日付を子どもに教えるには?親子で一緒に楽しみながら学ぶ方法を解説

はてなブックマーク LINE twitter facebook

曜日と日付の理解は、子どもが時間の流れを把握し、日々の生活を豊かにするために重要です。この記事では、曜日と日付の基本的な概念をどのように教えるのか、どんなメリットがあるのかを探求し、親子で楽しく学ぶための具体的な方法をご紹介します。

曜日と日付の基本的な概念

曜日は1週間を構成する区分であり、月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日・土曜日・日曜日の7つがあります。日々の活動を計画するための基本的な単位です。

日付は、年・月・日によって示される特定の1日のことをいいます。月と年の枠組みのなかで特定の日を識別し、個々の日を理解するために役立ちます。

例えば、子どもが「今日は月曜日だから、水泳の日だね」と言えたら、曜日と日々の活動との関連を理解している証拠です。また、曜日や日付によって特定のイベントや行事を思い出すこともできます。子ども自身の誕生日が何月何日かはもちろん、1月1日はお正月、12月24日はクリスマスイブといったように、日付を理解できれば祝日やイベントを理解し楽しみに待つことができるようになります。

曜日と日付を理解するメリット

曜日と日付を理解できるようになると、子どもの時間感覚が養われ、予定や活動を計画できるようになります。これにより、自己管理能力が向上し、園生活や学校生活にスムーズに適応するのに役立ちます。

時間の経過に対する感覚を育てることは、時間管理の基礎を築くためにも重要です。時間の経過を正確に把握できれば、予定していたことをスムーズに行えますし、遅刻や時間の無駄遣いを防ぐことができます。

インタラクティブな学習活動

子どもに曜日や日付の概念を教えるときは、遊びを通じて学ばせるのがおすすめです。例えば、カレンダーや日付が書かれたパズルを使用して、遊びのなかで曜日や日付を覚える方法は効果的です。各曜日に特定のアクティビティを割り当てることで、それを予測し楽しむことができます。また、パズルを解くためには論理的思考や空間認識能力が必要なので、認知能力や問題解決能力の向上にもつながります。

カレンダーの活用方法

カレンダー・12月・クリスマス

曜日や日付の学習にカレンダーを活用するときは、以下の方法を試してみてください。

日々の活動を記録する

子どもの重要な活動やイベントを、自分でカレンダーにマークしてもらいましょう。例えば、誕生日や園・学校の行事、習い事のスポーツの試合や発表会などの日付に丸をつけたり、シールなどでデコレーションしたりするのもおすすめです。その日が近づくとわくわくし、日付の概念を自然に学ぶことができます。

色分けやステッカーの使用

曜日ごとに異なる色を使ったり、特定の活動に対応するステッカーを貼ったりすることで、子どもはカレンダーをもっと興味深く感じるようになります。例えば、ピアノのレッスンは青、サッカーの練習は緑など、好きな色を割り当ててもらいましょう。

色や絵を使うことで、まだ文字を読めない幼い子どもでも、カレンダーの概念を理解しやすくなります。

週間の予定を一緒に計画

毎週末や週の初めに、1週間の予定を子どもと一緒にカレンダーに書き込むようにしましょう。一緒に予定を計画すると、子どもは自分の週の流れを把握し、予定を管理できるようになります。これを習慣化できれば、子どもは日付と曜日に基づいて計画を立てる方法を理解し、自己管理のスキルが育まれます。

イベントまでのカウントダウン

例えば、誕生日やクリスマスまでの日数をカウントダウンすることで、子どもは日付の変化に対する興味を持ちます。子どもに毎日カレンダーを確認させ、特別な日までの残り日数を数えさせることで、日付の概念をより深く理解させることができます。先を予測し、見通しをもてるようになることは、問題解決能力や自ら主体的に働きかけて解決しようとする姿勢を育むうえでも重要です。

毎日の確認を習慣化する

毎朝、子どもにその日の日付をカレンダーで確認してもらうことで、日々の日付に対する習慣を身につけさせます。「今日は何日でしょうか?」という質問をルーチンにすることで、子どもはカレンダーを使って日付を確認し、それに応じてその日の活動を想像するようになります。

その際、1日を「ついたち」、2日を「ふつか」、8日を「ようか」と読むなど、日付には決まった読み方があることもあわせて教えましょう。数字の理解とあわせて、日本語ならではの特殊な読み方を学ぶよい機会です。

日常会話を活用して時間に意識を向ける

子どもが時間の流れに意識を向けるために、日々の生活のなかでさまざまな質問をすることが大切です。例えば、「今日は何曜日かな?」や「今日は何月何日だっけ?」といった質問をすることで、子どもたちは日常的に時間について考えるようになります。

朝の準備の際に、「今日は水曜日だから、英語のクラスがある日だよ」と声をかけたり、「次の日曜日には何をしようか?」と週末の計画を話し合ったりするのもおすすめです。こういった声かけを通して、子どもが曜日や日付を日常生活に取り入れられるようサポートしましょう。

時間や日付、曜日について日常会話のなかで話すことは、子どもたちの時間の概念を育むだけでなく、コミュニケーション能力や計画力の向上にもつながります。ぜひ、ご家庭でもこのような会話を積極的に取り入れてみてください。

ストーリーテリングを取り入れる

曜日や日付を教える際に、物語を活用することも有効です。例えば、「森の中の小さな家に、くまくんとうさぎさんが住んでいました。くまくんは月曜日に釣りに行き、うさぎさんは火曜日に山登りをします……」というようなストーリーを作り、子どもたちが曜日について考える機会を提供します。このように、曜日や日付が物語の中に登場することで、具体的なイメージと結びつき、覚えやすさが増します。

子どもに自分自身の物語を作ってもらうのもよいでしょう。曜日や日付をキーワードに、子どもが自分の日常生活を振り返り、その日のできごとや感じたことを文章にして表現してもらいます。こうした活動によって、子どもは自身の日々の経験を言語化するスキルを養うだけでなく、曜日や日付の理解も深めることができます。
また、物語を通じてほかの学習領域との結びつきを作ることも重要です。曜日や日付を学ぶだけでなく、その日の天気や季節、イベントなどとも関連付けて物語を展開するようにしましょう。

ストーリーテリングを取り入れることで、曜日や日付の学習がより魅力的で楽しいものとなります。子どもは物語に没入し、自然と学習の意欲が高まることでしょう。

テクノロジーを活用した学習

曜日や日付の学習にあたっては、子ども向けの教育アプリやインタラクティブなゲームを利用するのもおすすめです。これらのツールは、曜日や日付に関連した楽しいゲームやクイズを提供し、学習意欲を高めます。カレンダーを使って仮想のイベントを計画するゲームなどもあり、楽しく学習できます。

曜日と日付の理解は学校生活にも役立つ

曜日と日付の教育は、子どもの時間に対する理解を深め、生活をより豊かにします。実際のカレンダーを活用したインタラクティブな学習活動はもちろん、日常会話やストーリーテリングを取り入れるのもよいでしょう。アプリやゲームなどのテクノロジーも活用できます。週末の予定を計画したり、誕生日までカウントダウンしたりと実践的な活動を通じて、子どもは楽しみながら曜日と日付の概念を学びます。そして、時間や曜日の感覚を自分の生活に自然と取り入れていくことができます。

曜日と日付の理解は、平日と休日のサイクルを実感したり、時間割を把握したりするのにも役立つので、小学校入学後の学校生活にとってもプラスといえます。ご両親は、お子さんがこれらの基本的なスキルを身につける過程をサポートするための声かけを意識し、発達にあわせた道具や環境を用意して積極的に関わるようにしましょう。

プレ・エデュ編集部

Pre edu編集部

Pre eduの企画・執筆・編集をしています。小学校受験や幼児教育に関する情報をお届けします。

Read more